代表ブログ

20211125

【家庭で実践!ミラコラ的キャリア教育のススメ vol.94】葛藤は希望である

小学生である今から行うキャリア教育!
ミラコラで「現実をよく観る力」と「未来をつくる力」を育もう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【家庭で実践!ミラコラ的キャリア教育のススメ vol.94

       葛藤は希望である

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みなさん、こんにちは

ミラコラ山田です

 

日々、生きていると

様々な「葛藤」に出くわします。

 

あっちを立てれば、こっちが・・・

こっちを立てれば、あっちが・・・

 

うーん、どうしたら良いのかわからないし

場合によっては揉め事に発展したりすることも・・・

 

葛藤と聞くと、なるべく避けたいもの、嫌なものと思えるかもしれません。

 

しかしながら、この「葛藤」こそが

私たちの「より良いキャリア=生き方」を見出すための

大切な糧であり、「希望」であると思っています。

 

葛藤の語源を調べてみると

「葛(カズラ)」と「藤」のツタ植物の例えからきているようです。

ツタ植物は個体だけでは成長できません。

必ず何か相手(異質の他者)の存在が必要です。

異質の他者に絡みつきながら、ぐるぐる、ぐるぐると回り道をしながら、

しかしながら間違いなく「太陽=天」の方向に成長していくのです。

 

ミラコラでいつもキッズたちと学んでいることがあります

 

「Aか?Bか?」という葛藤を超えて

両方よしなるC案を出そう!

みんながよしとなるZ案を出そう!

 

この「葛藤を超える経験」を

こどものうちにできるだけたくさん経験しておきたいなあと思ってます。

 

今、私が超えていきたい葛藤は以下の通りです

 

「野菜や動物は人間のための資源である」という葛藤

 

「自分の会社を守るためには、競合他社を叩くのはやむを得ない」という葛藤

 

「生活が便利になればなるほど、人々が依存していく」という葛藤

 

「人間が増えれば増えるほど地球が壊れていく」という葛藤

 

「知識が増えれば増えるほど、感じる力が衰えていく」という葛藤

 

「勝ち組が生まれれば、負け組が生まれる」という葛藤

 

「自分は正しい、あいつは間違っている」という葛藤

 

あるキッズが見つけた「幸せのタネ」です

 

畑を耕したいけど、その分雑草がちぎれてしまう・・・

「雑草がかわいそう」って・・・

 

そんな葛藤をの超えるために

 

せめてものだけど

雑草さんの命も考えて

心をこめて「いただきます」をしたい

 

これでキッズの葛藤が超えられたかどうかはわかりませんが

このキッズなりに、

自分のキャリア=生き方を形成して行ってるんだなあと実感しています。

 

みなさんは、どんな葛藤をいだいてますか?

そして、どのようにその葛藤を超えていきますか?

 

ミラコラキッズたちと一緒に超えていきたいですね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーカイブ

PAGE TOP