ビジョン

ミラコラフラッグに想いをのせて

ミラコラフラッグの意味

ミラコラのシンボルでもある「ミラコラフラッグ」。
このミラコラフラッグにはこんな意味があります。

ミラコラフラッグ
一人ひとりが「こころざし(願い)」の旗を立てる 
→ 自分の軸(哲学)を持って生きる
15色の配色 
→ 多様性を意味してます

世の中の人それぞれに「独自性(自分らしさ)」
があり、一人ひとりに「お役目」があります。

  1. 一人、ひとりが「こころざし」の旗を掲げること。
  2. お互いの「こころざし」を応援しあい、共に実践すること

社会はもっとよくなる!
そんな想いを込めたのが「ミラコラフラッグ」なのです。

ミラコラバッチ

ミラコラバッチ

それぞれの「願い」や「こころざし」を込めてバッチをつけることで、「意識化」されていきます。

「こころざし」を実践すること。
「ミラコラ7か条」を約束すること。

このように、
「ミラコラバッチをつけること」は
自分自身の「こころざし」を常に意識し、自分に「誇り」を持って生きるためのシンボルなのです。

こころざしのペイフォワード(恩送り)

こころざしのペイフォワード(恩送り)

こどもの「こころざし」を大人が応援し実践する。
お返しに、大人の「こころざし」をこどもが応援し実践する。

こころざしを「ともに応援し、実践しあう」ことで、
仲間がひとり、またひとり、と増え続け、
連鎖し、世界はやがて一つになる。

このように育ったこどもたちは、
大人になったら同じように、
次世代のこどもたちの「こころざし」を応援し実践する。

私の孫の、そのまた孫へ。

世代を超えて、
一人ひとりの「こころざし(願い)」が受け継がれていく社会。

100年残るメッセージ
こどもの願いが実現する社会を目指して

更に詳しく

PAGE TOP