レポート

2019113

【報告】第8回 里山♡こども保育園 〜焚き火で作る焼き芋最高!編〜

第8回 里山♡こども保育園
〜焚き火で作る焼き芋最高!編〜
冬の定番!
だけど、なかなか焚き火って経験できないね~。
今回は、みんなで焼き芋を作ったよ!!


【保育園イベント記事バックナンバー】


えっほ、えっほ

えっほ、えっほ


里山に着いたら、さっそく保育園の準備です。
どうやったら安全に竹を切ることができるか、里山プロのおじちゃん(NPO法人コミュニティーデザインながくて加藤さん)にレクチャーを受けながら、子どもたちのために遊び場を作ります。
上手に倒さないと、竹林から切った竹が出せなくなってしまいます。
フェイスブックを見て、遊びに来てくれたおじいちゃんも!

フェイスブックを見て、遊びに来てくれたおじいちゃんも!


前回は2本で滑り台を作りましたが、今回は3本にして、さらに安定性を高くするようです。
しかも、長さも高さもアップして、迫力も満点!!
試しに滑ってみる!

試しに滑ってみる!


何となく、竹の太い方を下にして設置したくなりますが・・・
滑ってみると・・・
「痛い痛い痛い!!ズボンに穴が開く!!」
左が竹の下

左が竹の下


竹は、下から上に向かってフシができてます。
なので、フシの向きを考えて設置しないと、フシがお尻に引掛かる!!
「そうだ、前もこれで痛いってなったんだった・・・。」
竹は、根っこの方を上にしないと滑ることができません。
待って、私めっちゃ回らないといけないから・・・。

待って、私めっちゃ回らないといけないから・・・。


竹が長いので、3本ひっくり返すのも大変です・・・。
朝礼も、すっかり慣れた先生たち。大人の出る幕は全くありません・・・。

朝礼も、すっかり慣れた先生たち。大人の出る幕は全くありません・・・。


1月6日の開催と言うこともあって、少しだけ子どもの参加者は少なめです。
子どもが風邪をひいちゃったり、お母さんが体調を崩したり・・・寒いですもんね。

例えば切った竹があるとか、落ち葉が少し集めてあるとか、そんな物で楽しく遊べるようになりました。
保育園を始めたばかりの頃は、「先生、退屈です!」と言っていた子どもたちも、次から次へと遊びだします。
先生も園児も、とても成長しています!

 
子どもたちの間で人気のダンスナンバー(?)だそうです

子どもたちの間で人気のダンスナンバー(?)だそうです



パパたちも加わって、本日のメインイベント(?)、対抗リレーです。
誰が何回走って、本当はどっちが勝ったのかワカリマセンが、そんなことは問題ではありません。

毎回人気の、竹ころがし!
結構な勢いで転がすのですが、みんな慣れた感じで飛びます。
竹を止める係の役割が、重要です。
小さな子は、先生が手をつないで帰ります。

小さな子は、先生が手をつないで帰ります。


驚くような速さで、帰る時間がやってきます。
一日中走り回って、とても楽しい一日でした。

一人ひとり、駐車場で見送ります。一緒に見守ってくれたお父さんも、本当にありがとう。
寒かったから、お家でしっかり温まって、風邪をひかないようにね。
毎回、しっかり振り返ります。
真剣に話し合うから、だんだんと良い保育園になってきました。


次回の保育園は、来年6月2日の予定です。
先着、30名です。
参加したい方は、募集スタートをお待ち下さいね!

メルマガを登録していただくと、募集を見逃さないので安心です

btn_mail

アーカイブ

PAGE TOP