ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「パブリックイノベーション」コース

【プロジェクト受け取り直しと発表 第3回~第5回 】

    with (一財)PBPコットン、

        (株)I.S.コンサルティング、

                         (株)イストワール

      〜3月の発表に向けて着実に準備中〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ファシリテーターのアラキング(ARAKing)です。

 

1月の第3週目から2月の第2週目までのPIコースの様子をまとめて書かせていただきます。

 

 

プロジェクト内容

2023年4月~6月、一般財団法人PBP COTTON様

 

トップページ

当時のブログ内容はこちらです。

【スクールコットンP】第1回 プロジェクト会議 〜企業からの依頼を聞こう!〜

 

2023年7月~9月、株式会社I.S.コンサルティング様

https://is-consulting.co.jp/

【I.S.コンサルティングさん】「いざstart!」の回

 

2023年10月~12月、株式会社イストワール様

https://histoire.tokyo/

【イストワールさん】新シーズンスタートの巻

 

取り組んだ内容は?

 

改めて、3月までの発表に向けたタイムスケジュールは以下のようになっています。

このようにスケジュールを明確にすることで、キッズたちも今自分が何をすべきかを自然と感じ取ってくれていると思います。

ただ、3つのチームに共通したちょっとした問題として、グループ発表にどのような内容を盛り込むべきかに関しては、すでに終わったプロジェクトを丁寧に見返す必要があるので、キッズたちに任せるとかなり時間がかかりそうだということがわかりました。

そこは大人がサポートして、骨子だけを作成して挙げて、その見せ方や注目ポイントをキッズたちに考えてもらうことにしたので、キッズたちの力の発揮しどころがより明確になっていきました。

各チームの取り組み内容についてはあまり詳しいことを書きすぎると、発表の楽しみが減ってしまうので、簡単にポイント部分だけ書かせていただきます。

 

I.S.コンサルティングチーム

 

このチームでは、2月のテスト期間の関係で全員がそろうのが難しいことが最初からわかっていたので、個人発表の準備をそれぞれ進めていきました。

 

PBPコットンチーム

 

このチームは、レポートを完成間近まで仕上げてくれて、さらに今後、スクールコットンプロジェクトを継続的に応援していける仕組みをどうしたらいいかを話し合ってくれました。

 

イストワールチーム

 

このチームでは、キッズたちが考えたイストワールさんの理念を感じられる体験内容を、イストワールさんのホームページに掲載してもらう準備を進めていくと同時に、キッズたちが作成した絵本を子どもたちに聞いてもらえるようにするために朗読動画を作成しました。

 

____________________________________________________________

 

ミラコラキャリア塾

名古屋校、大阪天王寺校、梅田天六校、泉南校、茨木校、神戸校

 

無料体験会」やってます!

https://miracolla.jp/trial/

 

 

ミラコラ キャリア塾

全国の各拠点にて毎月無料体験やってます

クローバーミラコラ流のキャリア教育とは

《ミラコラ活動拠点のご案内》

ミラコラ名古屋(本部)
住所:〒480-1125 愛知県長久手市氏神前304-1
TEL:0561-62-5231
Mail:info@miracolla.jp

ミラコラ大阪天王寺
ミラコラ梅田天六
ミラコラ茨木
ミラコラ泉南
ミラコラ神戸

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「パブリックイノベーション」コース

【プロジェクト受け取り直しと発表 第2回 】

    with (一財)PBPコットン、

        (株)I.S.コンサルティング、

                         (株)イストワール

      〜3月の発表に向けて何ができるか〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ファシリテーターのARAKingです。

 

第2週目のPIコースの様子をまとめていきたいと思います。

前回の第1週目ではそれぞれ下記のプロジェクトを担当するグループに分かれて、どんなプロジェクトだったかを確認しました。

 

 

プロジェクト内容

2023年4月~6月、一般財団法人PBP COTTON様

 

トップページ

当時のブログ内容はこちらです。

【スクールコットンP】第1回 プロジェクト会議 〜企業からの依頼を聞こう!〜

 

2023年7月~9月、株式会社I.S.コンサルティング様

https://is-consulting.co.jp/

【I.S.コンサルティングさん】「いざstart!」の回

 

2023年10月~12月、株式会社イストワール様

https://histoire.tokyo/

【イストワールさん】新シーズンスタートの巻

 

今回の内容は?

 

前回の話し合いを受けて、キッズたちが徐々に発表のイメージが湧いてきたと思います(たぶんw)。

3月の発表会では、プロジェクトの内容を発表するだけではなく、

キッズたちの志発表も同時に行う予定です。

 

ミラコラEXPOで行ってきた個人発表やプロジェクト発表を合体させてしまおうというねらいです。

 

しかも志発表の構成はプロジェクトを通じて生まれた想いをまとめていくという難易度高めです。

 

中学生には少し無茶ぶりかなと思いつつも、キッズたちは今のところ頑張ってくれそうです(^^;)

 

I.S.コンサルティングチーム

このチームでは、プロジェクト発表では何を発表して、自分たちの個人発表ではどんな内容にしたいかをまず話し合いました。

その結果、I.S.コンサルティングさんが大切にしている「ダイバーシティ&インクルージョン」の考えをキッズたちが自分たちなりに受け止めて、調べて、発表したいということになりました。

 

PBPコットンチーム

このチームは、現在完成を目指しているレポートづくりを進めていきました。

すでにレポート内容は書き上げているので、ここからは読み手のことを考えて、見やすくする工夫を話し合いました。

 

ちなみにレポートのベースはCANVAを使っていて、

ファシリテーターのKONOMIちゃんが「CANVAなら使えます~」ってサラッと言ってくれて、

キッズたちのアイデアを反映した修正レポートを見て、仕上がり具合にびっくりしました。

完成品を乞うご期待!!

 

 

イストワールチーム

このチームでは、発表内容にもりこみたいことを話し合って、イストワールさんが大切にしている理念を子どもたちに伝える絵本や体験を考えたので、実際に子どもたちへのアンケートを取るというところまでやってみたいという意見が出ていました。

まさしくプロジェクト発表と呼べるようなものにしていこうという意気込みが感じられました。

 

____________________________________________________________

 

ミラコラキャリア塾

名古屋校、大阪天王寺校、梅田天六校、泉南校、茨木校、神戸校

 

無料体験会」やってます!

https://miracolla.jp/trial/

 

 

ミラコラ キャリア塾

全国の各拠点にて毎月無料体験やってます

クローバーミラコラ流のキャリア教育とは

《ミラコラ活動拠点のご案内》

ミラコラ名古屋(本部)
住所:〒480-1125 愛知県長久手市氏神前304-1
TEL:0561-62-5231
Mail:info@miracolla.jp

ミラコラ大阪天王寺
ミラコラ梅田天六
ミラコラ茨木
ミラコラ泉南
ミラコラ神戸

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「パブリックイノベーション」コース

【プロジェクト受け取り直しと発表 第1回 】

    with (一財)PBPコットン、

        (株)I.S.コンサルティング、

                         (株)イストワール

      〜今までのプロジェクトを振り返ろう〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今年もどうぞよろしくお願いします。

ファシリテーターのARAKingです。

 

今年の1月から3月までの期間は新たなプロジェクトをスタートさせるのではなく、

昨年取り組んだプロジェクトを深掘りしていきます。

 

キッズたちが3つのプロジェクトチームに分かれて、

3月16日に行われる発表会に向けた準備を始めました。

 

まずは3つのプロジェクトについて簡単におさらいします。

 

 

プロジェクト内容

2023年4月~6月、一般財団法人PBP COTTON様

 

トップページ

当時のブログ内容はこちらです。

【スクールコットンP】第1回 プロジェクト会議 〜企業からの依頼を聞こう!〜

 

2023年7月~9月、株式会社I.S.コンサルティング様

https://is-consulting.co.jp/

【I.S.コンサルティングさん】「いざstart!」の回

 

2023年10月~12月、株式会社イストワール様

https://histoire.tokyo/

【イストワールさん】新シーズンスタートの巻

 

具体的に何をしたの?

 

この日は月初めでしたので、定例の1か月の受け取り直しの共有をしました。

冬休み中でしたので、多くのキッズがいろいろな反省点を話してくれました。

 

しかし、ただ単に反省するだけなら、受け取り直しになりません!!

「反省するだけなら、サルでもできる!!」

ってハッパをかけるわけではありませんが、気づきを行動に変えていくことを目指していきたいものです。

 

その後は、グループに分かれて、プロジェクトの振り返りや発表までに取り組みたいことなどを話し合いました。

 

飲み込みの早いミラコラ中学生たち

 

グループに分かれる前に、3月の発表の構成イメージをキッズたちに説明したのですが、

少ない時間で、だいたいわかってくれたようで、すぐに話し合いが始まりました。

 

「自分が中学生だった時、こんなに早く、人の話を理解できたっけ・・・?」

と思ってしまうほど、キッズたちの成長ぶりには感心するしかありません。

 

しかし、そこで満足しないのがミラコラ代表の山さんであり、ARAKingなので(笑)、

もっと多くの人たちに喜んでもらえる実践をキッズたちに経験してもらいたいという欲?or願望?がわいてきます(^^;)

 

企業さんも巻き込んで素晴らしい発表を目指したい

 

ミラコラは子どもだけが活躍するのではなく、どこまでも大人と共に

を重視しているので、子どもたちの姿を是非ともプロジェクトに参画してくれている企業さんたちにも共有して、

主体的にコラボしていけることを目指していきたいです。

この3カ月の間にも、キッズたちは多くの気づきや経験を積んでくれると思うので、3月16日の発表が今から楽しみです。

 

____________________________________________________________

 

ミラコラキャリア塾

名古屋校、大阪天王寺校、梅田天六校、泉南校、茨木校、神戸校

 

無料体験会」やってます!

https://miracolla.jp/trial/

 

 

ミラコラ キャリア塾

全国の各拠点にて毎月無料体験やってます

クローバーミラコラ流のキャリア教育とは

《ミラコラ活動拠点のご案内》

ミラコラ名古屋(本部)
住所:〒480-1125 愛知県長久手市氏神前304-1
TEL:0561-62-5231
Mail:info@miracolla.jp

ミラコラ大阪天王寺
ミラコラ梅田天六
ミラコラ茨木
ミラコラ泉南
ミラコラ神戸

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「パブリックイノベーション」コース

【幸福物語の主人公プロジェクト 第9回 】

    with (株)イストワール

      〜企業への成果報告会〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

お久しぶりでーす

KONOMIです。

 

 

遂にイストワールさんへのプレゼンの日です‼

 

3か月を通して進めてきたプロジェクトの

成果を存分に発揮してほしいです

 

改めて、プロジェクトの内容をおさらいしますね

 

 

どんなプロジェクトでしたっけ?

 

 

イストワールさんの社員のお子様

イストワールのお客さんのお子様

 

を対象に、

イストワールが大切にしている理念

「全ての人が共に、幸福物語の主人公であるために」

を感じてもらえるような

体感型ワークショップを開発してほしい!

 

という依頼!

 

なかなかやりがいがあります!

 

 

具体的に何をしたの?

 

キッズたちが考えたのは2つ!

 

1 体験プログラムをつくる

2 絵本の作成

 

ということで

2チームに分かれて活動が始まりました

 

 

いよいよ成果報告プレゼンへ!

 

 

発表の様子を紹介します。

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 絵本チームの発表

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

まずは3つの物語の概要を伝えました。

 

 

今回は、その中でも

いろちゃん作の絵本

「スペシャルNumbers」

の朗読を行いました。

 

朗読ムービーはこちら!

 

 

いや〜

なかなかの感動作です!

 

👍 イラストの力

👍 物語の力

👍 声の力

 

すべてに、キッズならではの

純粋な思いが込められていました

 

イストワールの岡本さんが

思わず涙ぐんでいるのを見て

こちらも目頭が熱くなってしまいました

 

 

絵本は3つの作品を

「絵本ムービー」として納品することに。

最終的に完成したら、みなさんにも共有しますね!

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「体験プログラム」チームの発表

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

体験チームは

「幸せを送る幸せ」を感じられる体験ワークショップを考えました。

考えた4つの体験の内容と

そこから生まれる物語について発表しました。

 

 

 

どの体験プログラムも

キッズたちが実際に

大切な人にプレゼントをして試したもの

 

ただのプレゼントではなく

そのプレゼントをもらった相手が

さらに誰かに送りたくなるような

「幸せのバトンタッチ」が生まれるようなイメージがわいてきました!

 

 

イストワールさんの感想はいかに!?

 

 

【イストワールさんからの感想】

・素晴らしい物語をありがとう。とても温かい気持ちになった。

・僕自身にも新たな気付きを与えてくれた。

・いろちゃんの絵本を聞いて涙が出そう。

・体験チームの発表を聞いて、

身近な生活の中で出来ることって沢山あることに気づけた。

 

【キッズからの感想】

・「幸せを送る幸せ」という言葉の素晴らしさを改めて感じた

・「幸せ」について考えるだけでも幸せになる

・実際に作ったものを友だちに渡して喜んでくれた。

達成感があり、プロジェクトが終わっても幸せを送り続けたい。

・前回より上手くできた。伝えたいことを心を込めて言えた!

・私が今まで見た企業の中で一番お客さんのことを考えて、

幸せについて言及している

・幸せは意外と身近にあるものだと改めて思った。

 

『幸せは送るのではなく、既にそばにいる』

『想いを伝えることで、相手も自分も幸せになれる』

 

感想交流ではこのような素敵な言葉であふれていました。

まだプロジェクトは完成したわけではないので

完璧な状態を目指して頑張っていきたいですね!

 

 

 

KONOMIのヒトリゴト

 

【KONOMIのヒトリゴト】

 

3か月かけて進めてきたこのプロジェクトもラストスパートです。

 

毎週、

「幸せって何だろう?」

「どうしたら幸せを送る幸せを感じられるんだろう?」

と考えてきました。

 

実際にプレゼントを貰うことで

その温かみを感じることもできました。

 

PIコースで体験を考えていると、

「相手は何を望んでるのだろう?」

「どんな言葉をかけたら幸せになれるのだろう?」

と、いつも以上にその人のことを考えるきっかけにもなりました。

 

私自身も下敷きを作ってみて妹との小さな物語をつくれたのではないかと思います。

 

少し余談ですが、今日、

映画「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」

を見に行きましたが、

その時も「幸せ」ってなんだろう?と考えさせられました。

 

いつも「当たり前」だと思っている事は

他の人にとっては「当たり前」ではなく「幸せ」なのかもしれない

日々がいつも通りであることは「幸せ」なことだったんだ。

そう思いながら生活をしていきたいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます_(._.)_

KONOMIでした~

 

 

____________________________________________________________

 

ミラコラキャリア塾

名古屋校、大阪天王寺校、梅田天六校、泉南校、茨木校、神戸校

 

無料体験会」やってます!

https://miracolla.jp/trial/

 

 

ミラコラ キャリア塾

全国の各拠点にて毎月無料体験やってます

クローバーミラコラ流のキャリア教育とは

《ミラコラ活動拠点のご案内》

ミラコラ名古屋(本部)
住所:〒480-1125 愛知県長久手市氏神前304-1
TEL:0561-62-5231
Mail:info@miracolla.jp

ミラコラ大阪天王寺
ミラコラ梅田天六
ミラコラ茨木
ミラコラ泉南
ミラコラ神戸

 

 

 

小学生から始めるキャリア塾ミラコラ泉南

---------------


23年12月プロジェクト

 

5月のミラコラEXPOに協賛いただいた関空運輸株式会社さんに訪問してきました!

 

初めての物流会社見学に大はしゃぎのミラコラキッズたち

 

フォークリフトの試しノリもさせてもらいました!

社長の内畑谷さん同様にとっても暖かい雰囲気の会社で、案内してくれた社員さん達も皆優しく、とても素敵な会社でした

 

職場を見学させていただいた後は、EXPO協賛のお礼として関空運輸のすごいところベスト5を見つけるインタビュー

内畑谷社長の思いをお聞きしてきました

出来上がったベスト5をプレゼント!

今日はできませんでしたが、後日関空運輸さんの理念やビジョンを見える化した絵もプレゼント予定です

 

内畑谷社長、関空運輸の社員の皆様、本当にありがとうございました!

 

-----------

ミラコラ キャリア塾

全国の各拠点にて毎月無料体験やってます

クローバーミラコラ流のキャリア教育とは

《ミラコラ活動拠点のご案内》

ミラコラ名古屋(本部)
住所:〒480-1125 愛知県長久手市氏神前304-1
TEL:0561-62-5231
Mail:info@miracolla.jp

ミラコラ大阪天王寺
ミラコラ梅田天六
ミラコラ茨木
ミラコラ泉南
ミラコラ神戸

 

 

みなさん、こんばんは。

PIコースのファシリテーターのARAKingです。

今回は僕がメインで書かせていただきます。

 

12月第二週の昨日は、第三週目に予定されているイストワールさんへの成果発表に向けての作業を進めていきました。

体験チームも絵本チームも、中学校の期末の忙しい中、がんばって取り組んでくれています。

改めて実感するのは、キッズたちに問いかけると自然と、「だったら自分はこうする、こうしたい」という意見が出てきて、即行動が生まれています。あえて誇張して言えば、「なんでそんなことしないといけないの?」と聞いてくる子はPIコースにはいません。(心の中で思っているかもしれませんが(笑))

 

やはりミラコラを小学生のうちから経験している子が多くて、その子らがリードして、PIコースの雰囲気をつくってくれていることを実感しています。特に今回は、中学生のPIコースキッズから先輩にあたるKONOMIちゃんがzoomが始まる前に、自分が考えた体験の作り方やポイントをまとめてくれていました。そのおかげで、体験チームは自分がどんなふうに作ったらいいかのイメージが湧いたと思います。

絵本チームは、これまでの絵本作りのノウハウをいかして、幼い子どものために送り仮名はどこまで入れたらいいかとかを自主的に検討してくれています。ただ作るのではなく、誰に喜んでもらうかを意識しながら作っている姿に安心感しかありません(^^♪

もちろん、完成度から言えば、まだまだなところはあると思いますが、限られた時間の中で集中して取り組んでくれているPIコースの意義をどう企業や大人たちに発信していくのが私や山さんの役目だと自覚しています。

 

 

 

お久しぶりでーす

KONOMIです。

 

今日は月初めなのでまずは1か月の受け取り直しから!

キッズの受け取り直しの一部を紹介します。

 

・8割ぐらいやると、やった風に感じてしまう

⇒チェックシートを使う

何故自分の興味が他に行ってしまうのか考えるのもあり!

 

・最近絵があまり描けていない、日誌も

⇒一個一個を大切にして目標をはっきり決めたい!

シナリオを考えるとか他に目を向けてみるのも方法の一つかも

 

・勉強量が減ってきている

⇒目的が分からなくなってサボってしまうから、目的を明確にする

 

(ARAKingのヒトリゴト:キッズたちは一日一日の変化にとても敏感になってきていて、受け取り直しをきっかけに、主体的に何ができるかを考えてくれるようになっていたと感じています。)

 

その後、作業に入っていきます!

 

今回は体験チームの方をレポートしまーす。

 

実践の報告から!

【下敷き】

・簡単に作れた

・花言葉とかおまじないを調べて想いを込めれる

 

【フェルトでキーホルダー】

・切るのが難しかった

・ボンドで貼ってすぐできる

・メッセージも書ける

【メッセージカイロ】

・直に描いたら使ったら終わってしまう

⇒袋に書くか本体に書くかどっちがいいんだろう?

話し合ってみると、

袋はすぐ捨ててしまうから

直接書いた方がいいんじゃない?

という意見でした!

 

【木の花束?・切り絵】

作ってみたけど難しかった…

小さい子には厳しいかも

 

【消しゴムスタンプ】

友だちにあげようとしたけど断られちゃった

 

この中から現実的に可能そうなものに絞っていき、

実際にHPに載せるにはどのような情報が必要になるのか

キッズ達で話し合っていきました!

 

ここからはARAKingが絵本チームについて書いていきます。

絵本チームはそれぞれのシナリオがほぼできたので、実際にイラストづくりに入ってきました。

その中で、今回は絵本を子どもたちに見てもらいやすくする工夫として、動画に仕上げることにしたので、

どんな感じで動画にするかも含めて、絵本作りが進んでいます。

 

 

次回は体験チームは、それぞれの体験内容の作り方をまとめていきます!

絵本チームは、絵本の完成に向けて作業をしていきます!

 

【KONOMIのヒトリゴト】

今月の皆の受け取り直しを聞いていて、

 

困っていることがあるとき、

目的を考え直したり、一回違うことをやってみると

新しい気付きがあるのかなっと思いました!

 

私も、11月の間「笑顔」をテーマにした幸せのタネを

探していました。

そこで、「笑顔」と「幸せ」の違いに気づくことができたり、

自分自身の志を振り返るきっかけにもなりました。

 

久しぶりに幸せのタネを書こうとすると、

「どんなこと書くんだっけ?」

と思ってしまうこともあったけど、

いろんな学びに気づけたり

毎日がよりカラフルになったような気がしました。

 

いつかキッズの幸せのタネブログとか書くのも面白そうですね。

 

こんな感じで今回のブログは終わろうかなーと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます_(._.)_

KONOMIでした~

みなさん、こんばんは

パブリック・イノベーション(PI)コースのファシリテーターのARAKing(アラキング)です。

11月18日の分もKONOMIちゃんの代わりに書きたいと思います。

 

今回も、前回の続きで、具体的な作業時間が中心でした。

絵本チームは、イストワールさんが大切にしている「幸せをおくる幸せ」というテーマで3人がそれぞれシナリオをかんがえてくれています。このシナリオを一度、イストワールの社員である岡本さんに見ていただき、絵本の方向性を確認してもらって進めていきます。

体験チームは自分たちが考えた子ども向けの体験内容を話し合って、自分たちの家の中でもすぐにできそうなことに絞っていきました。そして、12月3日にミラコラの発見コースがあるので、その日に試してもらえるように、まずは自分で作ってみることになりました。

 

【ARAKingの独り言】

今回も、PIコースのキッズたちはそれぞれ自分が考え、自分で決めて、行動することを自然体でやっていたと改めて感じています。その中で、なかなか思うように進まないこともありますが、そのことも含めて、キッズたちが自分事として捉えて、どうしたらできるかを考えるきっかけになっているので、キッズ一人ひとりの成長の機会になっていました。

 

このような成長機会を作っていただけているイストワールさんには本当に感謝しかありません。

みなさん、こんばんは

パブリック・イノベーション(PI)コースのファシリテーターのARAKing(アラキング)です。

11月11日の分はいつもブログを書いてくれているKONOMIちゃんのピンチヒッターで書きたいと思います。

 

この回では、前回考えたことを、具体的に作業していく時間になりました。

絵本チームは考えたシナリオを肉付けしていき、体験チームは3つのワークショップ案のうち、実際に自分が試してみるとしたらどれを選び、どんなふうにやれるかを調べることにしました。

 

【ARAKingの独り言】

今回、体験チームはあるミラコラキッズに進行をその場で頼んでやってもらいました。

このPIコースでは、キッズたちに企業のお役立ちの成果物を出してもらうだけではなく、キッズ自身の様々な成長機会をどう作れるかを山さんと常に考えています。

その一つの機会が、キッズ自身にファシリテーターをしてもらうというものです。決して、大人のファシリテーターがさぼりたいわけではありません(笑)。実際には、大人のファシリテーターはzoomの画面をオフにして、いない前提で、キッズたちだけで話し合いをしてもらいつつ、zoomのコメント機能を使って、気づきやアドバイスを入れていきました。

今回ファシリテーターに初挑戦してくれたキッズはみんなに意見を聞きつつ、自分の考えもみんなに話して、全体として、望ましい結果を目指そうと頑張っていました。

この経験を通じて、今度は自分がファシリテーターではない時に、どんな意見を出していけるかということにまで視野が広がっていくことを期待しています。

こんにちはー

今週もPIコースありましたよー

毎回恒例のちょーギリギリにブログを書いておりますw

(今日のZOOMの2時間前。アップするのは5分前です(´;ω;`))

今回は主に絵本チームのご報告をしていこうと思います。

絵本チームは

3つの短編絵本を作っていきます。

そして小さい子でも簡単に理解ができるように

朗読して動画化していきます!

 

ただ作るだけじゃなくて相手の立場になって

「より理解してもらうためには…」

と考えていく姿がさすがミラコラキッズだなぁ〜と思います。

立場観点多角度思考ですね。

 

少しだけ絵本の内容を紹介していこうと思います。

3つに共通するテーマは

『幸せを送る幸せ』

 

志ムービーでも出てきたこのことをテーマに

社員さんへのインタビューをもとにしたお話を書いていきます。

 

Episode1

「もらった人が誰かを元気にできる」

 

Episode2

「もらった人も誰かにプレゼントしたくなる

&永遠に続いていく商品のもの語り」

 

Episode3

「もらった人が困難を乗り越えるもの語」

 

果たしてどんな素敵なお話が誕生していくのでしょうか?

楽しみです!(っ ॑꒳ ॑c)ワクワク

 

【KONOMIのヒトリゴト】

さて今回は何を書きましょうかねぇ…

 

今回の話と少しだけ関わってるので

最近あったプレゼントの話でも書こうかなと思います。

(少々お付き合いください)

 

高校で英会話部に所属してるんですけど、

ALTの先生からChristmas Partyをするっていう話を聞いたんですよ。

”プレゼント交換するから各自で用意しといて―”

って感じで。

 

そういうものに疎いKONOMIさんはですね。

家族に相談しまして、、、

〇〇円以内でどういうのだったら喜んでくれるかなぁ?っていう感じでです。

学年も性別も性格もバラバラの人たちの中で

どの人に当たるかもわからない中プレゼント考えるって難しいんですよ

(私には)

 

でもその時、

『幸せを送る幸せ』

を少し体験できたような気もするんです。

 

意味は違うのかもしれないけど、

相手のことを想って

「どうしたら喜んでくれるかな」

「どんなものなら使いやすいかな」

と考えている時間はとても楽しく、ウキウキしました。

 

ミラコラで学んでいることが実生活に活かせた時、

その学びがアウトプットできたような気もして。

 

そんな感じの日々を送っているKONOMIさんでしたー。

(因みに茶道部も入ってますw)

 

以上。今週のブログでしたー

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

【ARAKing(アラキング)の補足】

KONOMIちゃんが絵本チームのことを書いてくれたので、もう一つの体験チームについて少し書き足します。

体験チームはイストワールの理念を子どもたちにどんなワークショップをしてもらえれば、感じてもらえるかということを考えています。

キッズたちが考えたアイデアは

①親子でイストワールのアクセサリーをもって、地域のパワースポットを巡り、そのアクセサリーにパワーを集めていくウォークラリー的なもの。

②花言葉を一つ決めて、それを切絵や貼り絵、押し花にする。

③インターネットで好きなおまじないを探して、それを手作りの扇子やうちわの一面に書いて、もう一面に絵を描く。

でした。

どのワークショップも、イストワールさんが大切している「もの語り」を感じやすくするものじゃないでしょうか。

具体的にどのような形にまとまるかが楽しみです(^^♪

 

PAGE TOP