共通カリキュラム

2020629

【ミラコラ名古屋】6月共通カリキュラム④ 氏神新聞をつくって日本文化を広めよう!

小学生である今から行うキャリア教育!
ミラコラで「現実をよく観る力」と「未来をつくる力」を育もう!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ミラコラ合同「6月度 共通カリキュラム」レポート vol.4

氏神新聞をつくって日本文化を広めよう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

最後のパートは仕事体感ワーク

 

(株)サウンドプラン迫中社長からのお題です

 

 

最近、氏神様ってどこか知ってる?

って聞いても答えらない人多くなってるみたいですね。

大人でも知らない人いるみたいで。

 

昔は、近くの神社やお寺が

地域の学びの場だったそうで。

寺子屋などはその典型例ですね。

神社でも宮司さんが

人生の教えを説いてくれたり

日本人としての大切な考え方を学べる場所だったそうな。

 

だからこそ!

 

みんなで氏神様を調べよう!

 

ということでスタート!

 

ミラコラ名古屋は

2チームに分かれて

石作神社と景行天皇社へ取材にいきました!

 

 

石作神社チーム

 

石作神社へ取材&インタビュー

 

石作神社の禰宜(ねぎ)さんにみんなでインタビュー!

とっても丁寧に教えてくれました。

ありがとうございました!

 

さっそくみんなで新聞づくり

 

完成したのがこちら!

 

 

石作神社の禰宜(ねぎ)さんから学んだこと

 

石作神社にまつられている神様は

建真理根命(たてまりねのみこと)と言って

なんと実在する人間が神様としてまつられているそうで

 

普通は、神話だったり空想の神様なんだけど

実在する人が神様なんだよ

 

ということは

過去をさかのぼっていくと

みんなのご先祖様になるわけだ

 

ご先祖様は子孫が元気に過ごせているか?

頑張って生きているか?

とても心配しているんだよ

 

だから、お参りするときはね

①住所と名前を言って

②今頑張っていることを報告する

ようにするとご先祖様でもある神様は喜ぶんだよ

 

なんどもなんども報告に来てくれると

神様も応援してくれるから

頑張っていることが叶っていくんだよ

 

あとね

 

お賽銭は貨幣を3つ入れるといいよ

天・地・人

3つに感謝するって意味だよ

 

なるほど〜

 

「神社にお参りする」という意味合いが変わってきますね〜

 

「お願い事をしにいく」「おみくじを引きにいく」

という観光的な意味合いでの神社だったのが

 

「人生を見つめ直す場所」

「頑張っていることを報告しにいく場所」

「ご先祖様に喜んでいただくための場所」

 

としての神社の意味合いもあったんですね〜

 

 

 

 

景行天皇社チーム

 

景行天皇社へ取材&インタビュー

 

ミラコラキッズのために

特別に奉納の神事をしてくれました!

宮司さんが切り絵のサービスをしてくれました!

氏子さんたちは本当によくしてくれました

 

 

 

さっそくみんなで新聞づくり

 

完成したのがこちら

 

 

景行天皇社の氏子(うじこ)さんから学んだこと

 

氏子ってどういう意味ですか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

氏子はね、「神様の子」って意味なんだよ

 

僕ら氏子はね

ただただ地域の皆さんのお役に立ちたいだけ

損得勘定なんて一切ない

昔から私たちを見守ってくれてきた

景行天皇社に恩返しをしているだけなんだよ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

地域のこどもであるミラコラキッズのために

わざわざ神事のイベントを行ってくれたり

切り絵のサービスをしてくれたり

インタビューに快く答えてくれたり

 

地域の子供が神社に興味を持つことは素晴らしいことだ

 

たったそれだけの理由で

時間と労力を使ってくれた

 

あ!

 

氏子さんって神様の子

 

ということは、

氏子さんもある意味「神様」だよね

神様が直接できないことを

氏子さんが代わりに行うってことか

 

氏子さんの

地域の幸せを想う行動や発言

 

これこそが

景行天皇社からの教えであり学びなんだなあ

 

こんなことをキッズたちと学ぶことができました

 

 

 

 

サウンドプラン迫中社長!

おっしゃる通り

氏神さまから学べることはたくさんありましたよ!

 

日本文化を世界に、そして未来に送っていくこと

 

確かに、世界平和への一歩になると確信が持てました

 

迫中社長!

ありがとうございました。

 

 

 

 

アーカイブ

PAGE TOP