共通カリキュラム

2021721

【ミラコラ天王寺】7月度ワンデー授業「何でも、木にする?」

________________________

次回のミラコラの授業は8/22()です

体験日のご予約はLINEでお願いします!

________________________

 

 

ミラコラは、小学生・中学生である今から行うキャリア教育!

ミラコラで「現実をよく観る力」と「未来をつくる力」を育もう!

 

 

7/18(ミラコラ天王寺「7月度 ワンデー授業」

 

こんにちは!

はっち ことエデュパーク天王寺校の難波です。

 

 

【目次】

第1部 キッズアゴラ~幸せ発見プログラム~

手塚治虫のブッダから「人として生きる」を学ぶ

第2部 こころざし授業 

  坂本龍一さんが代表の一般社団法人more trees「事務局長 水谷 伸吉さん」

 

 

第3部 お仕事体感ワーク(今回は、ハルカスにフィールドワーク)

 

をお伝えしていきます!

_____________________________

「月一回開催するワンデー授業」3部構成です。

第1部は、キッズアゴラ~幸せ発見プログラム~

です。

他のミラコラキッズが見つけた様々な幸せのタネから学んだり、

自分で見つけた幸せのタネをシェアしたり、ディスカッションしたり、

ディベートしたり、社会へ提言したり。

 

で、先月に引き続き

偉人から学ぶ「パブリックイノベーター」への道 というプログラムにも取り組んでおります!

このプログラムが、なかなか深い!!!

 

一見「難しそう!」とか思うかもしれませんが、

集中を切らさず、小2のお子さんも取り組んでいますので、

ぜひ興味を持っていただきたいコンテンツの1つです。

 

さてさて・・・本題に戻ります。

 

 

王族のこどもとして生まれたブッダは、奴隷のこどもたちが遊んでいる様子をみて

「僕も一緒に遊びたい」と大人に訴えた。

しかし「あれは奴隷の遊びだから一緒に遊んではいけません」と言われてしまった・・・。

 

 

ここで、子どもたちにブッダクイズ!

 

 

「Aか?Bか?・・・ではなくC、さらにZを考えよう!」

と学んでいる影響か、子どもたちは、ほとんど「C」!

 

・みんなで遊べる、ほかの遊びを提案する

・王族でも遊べる、似た遊びを開発する

 

・・・・などが出てきました。

 

実際のブッダは、というと・・・違う次元で考えていた!

実は・・・「遊ぶか?」「遊ばないか?」

「大人を説得するか?」「しないか?」・・・を超越して

 

そもそもなぜ、同じ人間なのに「身分」があるのか?

なぜ差別があるのか?

 

を徹底的に考えぬきました。

 

おそらく当時の人は、「身分があるのは当たり前」と考えていただろうし、そこに疑問を持つ人は少なかったはず。

もしかしたら、疑問をもった人もいたのかもしれないけど

どうせ変わらない」とあきらめて行動をしなかったか、あるいは周りに封じ込まれたか・・・。

 

 

ともあれ、これを機に世の中の「当たり前」をとことん深掘りしはじめたブッダは、

パブリックイノベーター(公共性×変革者)といえるのではないでしょうか?

 

・・・その後、少年ブッダは、ある人物の教えで「」について考えることに・・・。

 

 

 

そして「死」を空想の中で体感し、恐怖を感じたブッダは

人間として、いかに生きるのか?

ということを求めて「仏教」をつくることになりました。

 

 

 

なるほどな~仏教をつくったブッダって人はすごいなあ」と思って、

おしまいになる・・・と思いきや、ミラコラは、さらにここから学びを深めます!

いかに生きるのか?を考えるのは「人間だけ」 で良いのか?

 

 

こういった超難問を子どもたちに問いかけてみるのが

ミラコラ流 です(笑)

 

意外にも、子どもたちは「難しい!」と投げ出さず、真剣に考えてくれます。

 

ミラコラ的思考法「立場観点・多角度思考」を用いて

たとえば

動物や植物は人間に対して、どう思っているんだろう?

こんな深掘りをしてみます。

 

すると・・・

「人間が頂点の身分制度を作ってるんじゃないの?」

とか、SDGs的な観点で考えれたりします。

 

これからの社会・地球を考えた

持続可能な人間の生き方って、どんなだろう?

そんなことも考えつつ、第2部に移行します!

__________________________

第2部「こころざしの授業」

 

今回のこころざし先生はこちら

 

一般社団法人 more trees(モア・トゥリーズ)

 

 

あの世界的音楽家さんが

代表(社長)をしている会社なんです

 

一般社団法人more trees(モア・トゥリーズ)

https://www.more-trees.org

 

 

そして、今回授業をしてくれたのが

事務局長の水谷さんです!

 

 

 

 

モア・トゥリーズは

をしている会社です。

 

 

水谷さんは、こうおっしゃっています。

↓↓↓

 

 

人と森の関係がよくない・・・

 

 

どれぐらいよくないんでしょうか?

 

皆さんはご存知でしょうか?

 

 

実は・・・なんと

 

 

 

 

 

それを知った子ども達は

「都会をつぶそう!!」「全部森にしよう!!」

「木を切った人は罰金すればいい!」と怒り心頭な様子でした。笑

 

 

 

 

水谷さんのターニングポイント

↓↓↓

 

 

すっごい難しい問題ですね。

日本でもこういう問題、たくさんありますよね。

今すぐには、どうにもならない問題。

 

だって・・・

 

 

もし、家族が生活のために

木を切るという仕事をしていたとして「やめて!」とは言わないだろうし、

やめさせることなんてできない!

これが現実だとは思いますが・・・

 

ここで

ミラコラからの問題

 

 

 

天王寺校では

・木に代わる材料を発明する

とか

・木を切った場所に木を植える

とか

・新しい仕事を紹介する

とか

 

いろんな意見が出ました!!

 

 

 

ちなみに・・・

 

 

☝このマークの入っている

えんぴつを天王寺校のメンバーが使っていました!

偶然!!すごく身近に感じれました^^

 

 

________________________________

実は、日本には木に関する「違う問題」がある!?

 

実は、日本って70%が森なんです!

木に困らない、木の国なんです!!!

(戦後、復興のために木を植えまくった背景があります。そのせいで杉花粉を大量発生させたりなんてことは、その時の人たちは気づきもしなかった・・・)

 

そんな日本ですが、

 

なんと・・・

 

 

日本が使う木材の70%が

「海外の木」なんです!!!

 

「ええええええ!」

 

なぜだと思いますか??

そう、大人なら察しがつくかもしれません。

海外の木の方が安いからです。

 

つまり、私達も

オランウータンやいろんな動物の住む場所を

奪っている張本人かもしれません。

 

 

うーん、これって大問題ですよね!!!

 

そこで、水谷さんたち

モア・トゥリーズさんは、

様々な商品を開発したり、社会に提案したりしているんです!

 

 

さぁ、ミラコラキッズの出番だ!

パブリックイノベーターの出番だ!!

 

みんなで

日本の木(杉)をつかった「商品開発」だーーー!!!

 

__________________________

第3部 お仕事体感ワーク

(今回は、ハルカスにフィールドワーク)

 

モア・トゥリーズさんに協力したい!

本格的な商品開発に協力したい!

と思い

「いろんな情報を調べにいこう!!!」

 

ということで・・・ハルカスにきました!

 

(ハルカスのスタッフさんに許可をもらって、記念撮影。アイディアシートにハルカスにある様ざまな魅力的なもの、逆に違和感のあるものをメモしていきます。幸せのタネを探す要領で)

(こどもが撮影した、はっちです。上手だね!)

(関係ないけど・・・ピアノがあったら、弾く!笑)

楽しくフィールドワークしながら、たくさんの幸せのタネ(商品開発のアイディア)を見つけました。

と、いってもまだまだ粗削りなので、来月は

本格的な商品開発をするためにワークシートをつかって

今回の続きをすることに!!!

 

次回も楽しみだな~

________________________

次回のミラコラの授業は8/22()です

体験日のご予約はLINEでお願いします!

________________________

 

ハルカスのご意見のところに、お手紙をいれてみました!

次いったら、ハルカスに木(国産の杉)が増えているかな?笑

 

 

 

________________________

次回のミラコラの授業は8/22()です

体験日のご予約はLINEでお願いします!

________________________

アーカイブ

PAGE TOP