【10/23ミラコラ起業コース共通カリキュラムvol.4】

img_3790

【10/23ミラコラ起業コース共通カリキュラムvol.4】

子どもたちの中にもミラコライズムが根付き始め、各プロジェクト、具体的な形が目に見え始めた第4回目のリアル起業コース。


なんとこの日、大阪在住、多才な引き出しでいつもミラコラを支えてくれている大事なスタッフ、難波純也(通称:はっち)の結婚式と重なりました。
メンバーたちはいつもより早くミラコラハウスに集合して、お祝いのサプライズメッセージを撮影してから共通カリキュラムに挑みました。

img_3784

まずは、代表の山田から、各プロジェクトの進捗を報告。
みんな1日1善など毎日の約束を掲げていて、ミラコラ日誌でメンバーやスポンサー企業とも共有しています。
自分との約束を積み重ねてきて

・小さな事ではイライラしなくなっていたり。
・色んなアイデアが浮ぶようになっていたり。
・ささやかな事にも気づけるようになっていたり。
・毎日描き続けているから、イラストやデザインのレベルが上がっていたり。
・今までおざなりだった日々の行動や約束を大切にこなせるようになっていたり。

そんな着実に高まっているジブンにきづく、あったか~い時間に。

img_3785

それから、この日のスペシャル講師、我がミラコラの顧問もして頂いている株式会社ウェイビー伊藤 健太先生(通称:イトケン先生)の登場!
独自のマーケティングノウハウを伝授する「イトケン塾」や、3000人以上の経営者が参加する国内最大規模の起業応援イベント「TERACOYA」主催など、世界で1番起業を応援する会社でありたい!とアツい想いをお持ちの方。

小学生からすると、親や先生以外の大人と関わる機会って、どのくらいでしょうか。
家庭や学校以外の場所で、自分がつくったものを世に出せる機会って、あるでしょうか。
ミラコラのコンテンツには、通常なら味わえないであろう色んな出逢いや機会を盛り込んでいます。

「ミラコラをやってるみんなって、ものすごい可能性を秘めてるよ!!!」
「みんな、スゴいことしてるって、気づいてる?!」
冒頭のイトケン先生の言葉。

嬉しいことに、ミラコラキッズ自身が日常のやり取りの中で少しずつ、このことを感じとってくれるようになってきました。

自分たちだけで考えるよりも、他のプロジェクトの話や考えを聞くことがより良くなる近道であることを教わり、発表だけでなく、感想を言うことに。
各プロジェクトごとに〈達成したい目的〉、そのための〈目的〉や〈現状〉、〈今後の課題〉について発表をしました。

イトケン先生からも、
・そもそもなぜ、このプロジェクトを立ち上げることになったのか?
・参加したり買ってくれた人がどう感じてくれたら成功なのか?
など、解決策がすぐ見つかる《方法》に対してではなく、ミラコラキッズ自身が、なぜこれをやっているのか《目的》を大切にしていて、理解している、という大事なプロセスを踏んでゆきます。

img_3786

金木犀の良い匂いを嗅ぎながら、みんなで走り回ってリフレッシュした後、、

何のために、何をどうやってしているのか、より深めていきます。
イトケン先生から、
近日中に主催されるイベントで
「ミラコラキッズのこころざしを経営者の人達に聞いてもらいたい!きっと賛同してくれる仲間が見つかるよ!?」
ありがたいご提案が!
どんな協力の仕方を求めているのかが分かりやすいと、協力者を見つかりやすい!
今足りないことや困っていることについても明確にし、内容をつめていきます。

img_3787
こころざしムービーもいざ撮影!…となると照れくさくなってしまいますが、スイッチが入るとホンキそのもの。
ミラコラフラッグの前で真剣な眼差しで語る子どもたち。
たくさんの方に届くといいなぁ。

img_3788

それから、ミラコラではおなじみ、今安志保さんによるmumic。
リズムと言葉と自由にたわむれる子どもたちは、いつも本当に楽しそう!
前頭葉をフル活用!

img_3789

「ありがとう」「有難い」「感謝」、「ご免なさい」「すみません」「申し訳ございません」
同じようでも、この言葉がもっている意味は、ひとつひとつ違います。
そして、普段は同じような意味合いとして使っている子どもたちも、実はその違い、本能的に知っているようでした。
そしてそれは、別会場で開催されていた母親塾でのお話とも繋がって。。
こんなお話を聞いたよ、とお母さんに手紙を書いて、この日の共通カリキュラムは終了。

img_3790

「色んな文化や考えがあって、たくさんの人がいて、とてつもなく広大な世界があって。“間違えちゃいけない・・”なんて思いすぎないで!」

「この世の中には、正解も間違いもなくて、自分の信じる道を進んだら良いんだよ!」

「周りと違ってOK!」

「あえて自分から間違いに行く」くらいでいこうよ!

img_3791

何度となく発せられたイトケン先生からのこの言葉。
これまでの共通カリキュラムで培ってきたものにも通じるものがあります。

年内には皆さんの目にもふれる機会があるように、それぞれが一生懸命頑張っています。
乞うご期待!ぜひ応援してください(*´∀`)♪

ミラコラのリアル起業コースのことを知りたい方はこちら

http://miracolla.jp/business.html

コメントをして応援しよう